打たれ弱いママの徒然日記ー子育てや留学体験記など

打たれ弱いママの日々を綴ります。

人生哲学

見ても嬉しくないSNS投稿③

コロナ自粛中に流行ってるもの。されど、私が見ても嬉しくない投稿③です。 オンライン飲み会(お茶会) 「美味しいごはん作った♥」写真 ブックカバーチャレンジ(今日はコレ) これが、外出自粛中の今の私の心が浮かない三大SNS投稿たち。 その理由について…

見ても嬉しくないSNS投稿②

コロナ自粛中に流行ってるもの。されど、私が見ても嬉しくない投稿②です。 オンライン飲み会(お茶会) 「美味しいごはん作った♥」写真 ブックカバーチャレンジ 申し訳ないが、これが、外出自粛中の今の私の心が浮かない三大SNS投稿たち。 その理由について…

分かち合えるために必要な条件

人が物を分かち合う理由ってなんだろう? 自分の取り分が減ってでも、分かち合いたい理由はなんだろう?あの時、どうして娘たちは大好きなドーナツを分けてくれたんだろう? 分かち合うのが苦手な私が、その理由を考えてみた。 結局は、○○が満たされているこ…

本を書いてみたい

このブログは、次女ワカメちゃんが生まれてから始めたもの。(これが初記事!) ブログもワカメちゃんもこの夏で3歳。 三周年を記念して、本を出してみたいな〜。 とはいえ、どうやって作るものなのか。 「本を書いてみたい」願望はずっとあったものの、それ…

遊具は禁止、パチンコは開いてる事への怒り。

未就学児と24時間、外出自粛の日々。皆様どう過ごしていますか? 我が子は二人共、0歳から保育に通っている。ゆえ、こんなに長期間、24時間未就学児二人の子守をするのは初めて。 幸い、長女れーちゃん(5歳)も次女ワカメちゃん(2歳)も結構インドア派で助…

資本主義と民主主義の限界を感じる

引き続き、政治のお話を。 今現在に関わらず、コロナ騒ぎの前も最中の今も、政府は株価やら経済を中心において政治している。 人命よりも、貧困層が家賃を払えないことよりも、「株価が大事」と言ってるように見える。 政治って株価のため? 政治って投資家…

ブラック企業とおバカ政府の共通点

コロナウィルスの検査ではPCRが使われている。PCRという単語をニュースで聞く日が来るとは思わなかった。 私が初めてPCRという単語に出会ったのは、高校(イギリス時代)の生物の授業でのこと。2004 年位だったかな。 知っている人も多いとは思いますが、PCR…

バイキン扱いする本当の理由

バイキン扱いされたこと、ありますか? 私はあります。 「アジア人と見れば、コロナ保菌者と思って差別された!罵倒された!」 数週間前は、こんな話をあちこちで聞きました。その差別していた側も、今や感染者となり人を罵倒している場合ではないかもしれな…

ライブ効果でマインドフルネス

小さなお子さんがいる中、夜に一人で外出するのに、罪悪感を感じたことはありますか? 自分が楽しいことをするのを、なんだか「悪いな」と感じてしまう。 最近は、私も夜のお出かけも、時々するようになった。とっても楽しい♪けど、なんだか罪悪感って完全に…

「ママ大好き」の乱用

「ママ大好き」 子供にそう言われて、どんな気持ちですか? 嬉しい!というママがほとんどでしょう。 私も嬉しいです。大概はね。 でも、例外はあるんです。 私が先日遭遇した嬉しくない「ママ大好き」とは何か?を紹介します。 我が家の次女ワカメちゃんは…

「タダより高いものはない」は真実!!

本にせよ、授業にせよ、お稽古にせよ、基本的に私は勉強が好きです。ここ半年ほどで、いくつかセミナーに行ってみた。 その主催者が好きだから行ったもの。 ネットで偶然見かけたもの。 色々あった。 無料セミナーや格安セミナーでは、「おや?」「おかしい…

量子力学的な人たち

印象に残っている名言はありますか? こちらは大学時代、量子力学の授業の時間、アンドリュー・ウィルス教授の名言です。 Life is getting harder, or you're just seeing the complexities. 人生が厳しくなって来ている。または、複雑性を見ているだけだ。 …

マイノリティが生き残るためのツール

「私って説明が上手くなくて、考えてることを言語化するのが苦手なんですよねー」 久々に会った友人の雨さん(仮名)が、こんな事を言ってた。仕事仲間とのコミュニケーションが難しいとか。 詳しく聞いてみると、雨さんと先方の方と、「ルールや方向性の捉…

いつまで「お姉さん」?いつから「おばさん」?

皆様、あけましておめでとうございます。 この趣味で続けてるブログも 2 年半ほどになる。本当に好きな事を、適当な頻度で徒然書いてるのものを読んでくださる方がいるのはありがたいです。 昨年の 12 月 30 日には、「特別でも何でもない日こそが、宝物で大…

病気が教えてくれること(クソガキ!と思ってからが本番)

病気から、何かを学んだことってありますか? 3週間ほど前、我が家の娘たちは順番に風邪を感染しあい、しまいには次女ワカメちゃんがインフルエンザに。 その時を振り返る。 もう、ぐったり。 娘が、じゃなくて、私が。 「自分の子供がインフルエンザ」とい…

ナイロビの蜂

同じ映画、同じ本、同じ物語を見ても、以前とは異なる感想を持つ。そんな物語はありませんか? 沢山の映画よりも、何度も同じ映画・本を見るのが好きな私には、そんな物語が沢山ある。 その一つが「ナイロビの蜂(原題 Constant Gardener)」というイギリス…

極度に日本人化する海外生活者たち

長期海外生活をしている人たちの話、第三弾。(第一段はこちら、第二弾はこちら) 長期に渡る海外生活を経験する日本人は、増えてきたとは言え、少数派。これだけ治安が良くて、ご飯が美味しくて、電車が時間通りに来る国から、本気の脱出を試みる人間は多数…

長期海外生活の後、帰国しても続くアウェー感

海外生活が長い人特有の悩み第二弾です。今回は「海外生活長かった人が日本に帰国してから悩むこと」です。 帰国子女、留学、海外に住んでいた理由は問わず共通することは、前回書いたとおり、アイデンティティ・クライシス。その続きです。 海外生活が長か…

長期海外生活者の悩み:危う気なアイデンティティ

先日、帰国子女独特の悩みに関する記事を見た。 「帰国子女って、大学入試も簡単だし、楽してるよね」なんて言われがちだが、彼らには彼らにしかわからない苦悩がある。 単身渡英した私は、厳密に言うと帰国子女ではない。海外生活が長い日本人という点では…

アナログな遊びこそ、頭の体操!

「子供の安全を考える」。とてもとても大事なこと。 でも、それが行き過ぎて過保護になることもある。 たとえば、木登りさせない、とか。 地元の公園にある、私が子供の頃に登っていた木は、多くの枝が落とされ、木登りできなくなっている。 木登りという冒…

緊急事態でも、自己犠牲はやめよう

いつもは耐えれること、平気なことが、「今日はダメ」って日、ありませんか? たとえ子供がその時は嫌がったとしても、親としてした方が良いこと。 たとえば、毎日の歯磨き、風邪っぽいときの鼻水吸引。 いくら「必要なことだ」と信じてやっても、泣いて嫌が…

「間違えても良い」間違いを味方にしよう

時々、子供って、ハッとするような哲学的発言をする。 大人の何枚も上手を行く、この類の発言は、私は結構好き。世代も性別も何もかも超えた哲学がそこにあるから。 今回の哲学発言は「子供は間違えても良いんだよ」です。 そこから考えた。大人だって間違え…

自己犠牲の家事をやめよう

「自分が我慢すれば…自分が頑張ってやれば…」 歯を食いしばって、家事をしてること、ありませんか? 2年間のホームステイという名の居候生活を経て得た教訓は「一緒に住んでいなければ大概のことは許せる」でした。 人と一緒に住むことにより、避けられない…

日本米の価値、それに感謝

先日、とある夫婦が子連れでアメリカに旅行した時の話。お子さんは途中からサトウのご飯しか食べなくなったそうで。 海外生活では、日本の白米が、如何に貴重か、という話です。 「子供がサトウのご飯しか食べなくなった!」と聞いた時、私は、大層白米を恋…

政治思想の東洋と西洋

人間には色んな思考があって、全てが表面に出て来るわけでもなし、表現したところでそれが理解されるとは限らない。 完全なる理解は目指さなくてもよい。理解しようとする努力があったか、が大事だと思う。 そもそも、自分とは違う人間を、理解するなんて、…

LINEの通知をオフにしたら結構快適

LINE、メッセンジャー、トークアプリ、便利だけど、「疲れる!」って思うことありませんか? スマホってのは、便利なもので、勉強してようが仕事してようがすぐ調べることができる。 同時に、同じく自らが集中したい作業の妨げになることも多い。 仕事のため…

完全なる理解を目指さなくても良い

インターネット上の朝活、「ただ聞く会」の感想パート2です。 話し手の不安、嬉しさ、楽しさといった感情を読み取ることはできる。が、これらの感情の原因や背景まで推し量ることはできない、むしろそれは大いなる誤解を呼ぶ、というのが前回の感想。 今回は…

感情を読み取れても、その原因まではわからない

朝活ってしたことありますか? 私は昔から朝が弱く、小中学校時代は、遅刻ギリギリまで寝てるし、朝練がある部活には入らなかった。 そんな私が、先日インターネット上での朝活会に参加した。すっぴん✕パジャマで。 「ただ聞く会」 傾聴とはなんぞや、を皆で…

「アンチエイジング」に違和感

「アンチエイジング」という言葉が巷に溢れている。 美容液、サプリメント、あらゆる美容・健康分野で出てくる。 私はね、anti-aging (年齢に逆らう)のではなく、well-aging (良い年の取り方)を選びたい。 アンチエイジングも、ウェルエイジングも、運動した…

「当たり前って何?」

答えるのが難しい、子供からの質問シリーズです。長女れーちゃん(4歳)だからこその感性なのか。子供ってみんな、こういう事を不思議に思うのか。 当たり前って何? 面倒くさいって何? グライダーって何? あなたなら、4歳の子相手に、なんて答える? 自分…