打たれ弱いママの徒然日記ー子育てや留学体験記など

打たれ弱いママの日々を綴ります。

「今日はごめんねしなくいいよ」

先日のドライヤー事件の日、「こんな親でごめんね」と、長女れーちゃんの枕元で、泣きながら謝った。

 

「ママ、今日はいっぱいごめんね言わなくていいよ。」

 

「今日は、ママ、れーちゃんを怒ってないし、怖い言い方もしてないでしょ」

 

れーちゃんがこんなことを言ってくれた。 

 

ドライヤー事件の日の私と、今日の私、一体何が違うのか、分析してみた。違うものは、以下の3つ。

  • 顔の湿疹の状態
  • 睡眠時間
  • 日中の家事・育児量

 

それぞれについて、深く分析したい。

 

1.顔の湿疹の状態

単なるストレスや季節性の肌荒れなのか、断食の好転反応なのか、ものすごく肌荒れしています。不思議と、普段は荒れない所に沢山湿疹が出てくる。 

 

ドライヤー事件の日:

  • 顔面積のの10%ジュクジュク膿が出ている
  • 顔面積の80%赤い湿疹
  • 残りの10%はちょっとブヨブヨしてるのに表面カサカサ

今日:

  • 膿は0%(これは治った✨)
  • 顔面積の45%が赤い湿疹
  • ブヨブヨだけどカサカサは0%

 

肌状態だけで、これだけ違う。今日の肌状態だって、良いとは言えない。けれどドライヤー事件の日よりもずっとずっと良い。

 

普段は比較的肌がキレイな方なのに、肌荒れしていると、鏡を見る旅にうんざり、げんなり、がっかりする。

 

ドライヤー事件日に比べると、今日の惨め度は1/3程度。これはデカい。 

女子的コミュニケーションが苦手とはいえ、私だって女の子。鏡の中に、美しい自分を見つけたい。

 

2. 睡眠時間

アトピーでも湿疹でも、睡眠は一番治癒効果がある。ただし、それは眠れれば、の話。

 

痒くて眠れない。

 

子どもの頃、アトピーに苦しみ、痒くて痒くて眠れなかったことを思い出した。パンツの縫い目すら痒くて、パンツを裏返しで履かないと耐えられないほど。

 

肌状態が悪ければ悪い程睡眠が必要なのに、悪いければ悪い程、眠れないのです。

 

ドライヤー事件の睡眠:

  • 2時間程寝付けない
  • 「怖い夢見た」と起こされる@4am
  • 「もう起きたい」@5:30am

0歳児との生活ばりに細切れ睡眠

 

今日の睡眠:

  • 夜の寝付きは悪く、眠れたのは2am 以降だが、朝8:30am起きるまで邪魔なし✨
  • 日中に私が昼寝している(子どもたちほっぽいて、れーちゃんの布団で寝落ちしてしまった😱)

 

一時期睡眠薬が手放せなかった非常に寝付きの悪い私が、子どもたちがいる中で昼寝できてしまうなんて、ほぼ奇跡。かなりリラックスできていた証拠(保育園が再開し、毎日ではなくても離れる時間を持てるようになったことが大きい)

 

子どもたちほっぽいちゃってたけど、この昼寝は大きかった。

 

人間、疲れていても緊張していては眠ることができません。自然界では、それは死を意味する。文明の中に生きようと、依然としてこの感覚は体にある。

 

ちなみに①、れーちゃんが見た「怖い夢」は、子山羊ちゃんが狼に食べられちゃう夢だそうで。

 

こうやって平場で聞けば、凄く子供らしくて可愛い話なんだけどね。寝不足の不眠女には、信じられない程迷惑だった。ごめんよ、れーちゃん。ママは赤ちゃんよりも眠るのが下手なんて!!

 

ちなみに②、5:30amに起きたれーちゃんは、パパもママもまだ起きないとわかったのか、自分も眠かったのか、8:30amリビングのソファーでスヤスヤ眠っている所を発見した。

 

色々と突っ込みどころ満載だ。後になれば楽しい思い出になるのか。

 

3.日中の家事・の量

振り返ってみると、両日こなしていた家事・育児の量が全然違った。一番違いを生んだのは、お昼ご飯を作る&片付け。

 

ドライヤー事件の日:

  • スクリーンタイム30分(=親の休憩時間)
  • 絵本に出て来たお弁当風お昼ご飯を頑張って作る
  • ご飯の片付けも全てやる
  • 床掃除 
  • 洗濯2日分(95%私が担当)
  • エンドレス絵本読み聞かせ
  • ワカメちゃんの絵本&寝かしつけ+れーちゃんの寝かしつけ

今日:

  • スクリーンタイム2時間弱(アナ雪2)
  • お昼ご飯作らない(主人担当)
  • 片付けもやらない(これも主人)
  • 床掃除
  • 洗濯1日分(娘たちが手伝ってくれた)

 

我が家の家事分担は、料理=主人、その他=私+家事代行

ドライヤー事件の日、主人の仕事時間を作るためと、子どもたちの喜ぶ顔見たさに、頑張ってお昼ご飯を作っちゃった。

 

しまじろうがピクニックしている絵本を読んで、三角おにぎりと卵焼きを食べたくなったらしい。

 

火傷に気をつけながら、炊きたての熱いご飯を握り、絵本みたいに海苔を巻く。卵焼きを作る。この辺まではキラキラお母さんだった。インスタ映えするかもレベルの(乾いた笑が止まらない)。

 

食べさせる、片付ける、そしてまた子守する、またおやつの時間になって食べさせる、子守する。

 

そもそも、(私が)昼寝しちゃってる&テレビ時間長いので、絶対的な子守時間が短い。もう、それがどれだけ救いか。

 

この辺からだんだんおかしくなってきた。ワカメちゃんの寝かしつけが終わった辺りで、忍耐力が底をついた。れーちゃんの分まで、残っていなかった。

 

人間には体力の限界がある。

 

精神力にも、限界があるんです。

 

寝かしつけの頃には、私の小さい精神力はキャパオーバーしていて、ドライヤー事件勃発。

 

要するに、自分の忍耐力を大きく見積もり過ぎたのか、見えていなかったのか、頑張り過ぎてしまった。

 

結論

  • 自分のことも、労るべし
  • キラキラ母ちゃん目指してイライラ限界突破よりは、いい加減だけど怒らない方がずっと良い

 

これに付きる。

 

人には「脱☆良妻賢母」とか言っておきながら、自己犠牲の家事をやっちゃってた。子供の笑顔のために、主人の仕事時間確保のために、と。

 

結果、パンクして、イライラと当たってしまい、後ほど泣きながら謝罪する。なんか、私、モラハラ夫みたい…こんな奴が母ちゃんだなんて、同情する…れーちゃん、ワカメちゃん、本当にごめん。。。。

 

モラハラする位なら、このダイヤのプレゼントいらね〜!ダイヤ返すからイジメは辞めて〜!って、誰でも思うよね。きっと子供たちだってそうだよね…

 

子供の笑顔が見たいために、絵本みたいなお昼ご飯を作った。そこに嘘はない。子供への愛もある。

 

けれど、私自身に対しての愛はあったのか?

 

なかった。

 

自分の忍耐力メーターがどれくらい残っているのか、考えもせずに突っ走ってた。

 

マイラバの hello again じゃないけど、我々母親は、「自分の限界をしるために生きている訳じゃない」。

 

一緒に子守する予定だった主人が、寝てしまったために戦線離脱すると、私は怒る事が多い。

 

でも、昼寝してしまった私を、誰も責めていない。子供たちも、それを怒ったりしていない。

 

「してしまった」なんて言ってるのは自分だけだと気づいた。

 

昼寝したことで、体力も忍耐力も回復して、夜まで怒らずに済むのなら、それで最高じゃないか。なんで自分を責めるのか。

 

 

留学前留学中も、努力努力努力で限界突破し続けて、そんな生き方しか知らなかった。

 

 

「違う生き方があるんだよ」

 

れーちゃんがお腹に宿った時から、ずっとずっと、それを私に教えてくれている気がする。

 

子供が増えれば、その分大変。その分、「違う生き方」を教えてくれる機会にも恵まれる。

 

 

分析してみて良かった〜!

後から分析すると、沢山の気づきがあるなぁ。

 

そろそろ自分の寝支度を。おやすみなさい。

 

☆☆☆秘密のFacebookグループ作りました☆☆☆

ブログには載せない私の一面など、秘密のグルーブ。

ブログの感想、電子書籍を出版するためへの道のりなど、もこちらで共有する予定です。

 

https://m.facebook.com/groups/548019025796481/?ref=share

 

ご興味がある方は、仲間になってくれたら嬉しいです♪気軽な感じでOKです。

 

私の直接の知り合いじゃない方も、ウェルカムです。