打たれ弱いママの徒然日記ー子育てや留学体験記など

打たれ弱いママの日々を綴ります。

二人育児

ドーナツが救ってくれた、ワンオペ散歩戦略

自粛中とはいえ、全く外出しないわけでもなく。娘二人を連れてお散歩に行った。 私は二児の母なのに、ワンオペで二人を連れ歩くのは苦手!めっっっっちゃ嫌! 帰宅時間とか、場所とか、コントロールできない感じが。二人それぞれが勝手な方向に行く監視が不…

「まるで自分のお母さんみたい?!」な自分がいる

ふとした時、「あれ?私って自分のお母さんみたい!」と思う時、ありませんか? 最近、そんな時がありました。 私には二人の娘、4歳れーちゃんと、2歳ワカメちゃんがいる。その娘達が、お手伝いを巡って喧嘩してる時の私の対峙が、私の母のそれとそっくりだ…

2歳児ワカメがママから逃げる本当の理由

子供に「ママ嫌!」とか「パパがいい!」と言われて拒否されたこと、ありますか? 我が家の次女、ワカメちゃんは魔の二歳児。最近はママから逃げることが多い!結構ショック。 たとえば、私が歯磨きやお着替えをしようとすると、 「パパにやってもらうの」 …

病気が教えてくれること(クソガキ!と思ってからが本番)

病気から、何かを学んだことってありますか? 3週間ほど前、我が家の娘たちは順番に風邪を感染しあい、しまいには次女ワカメちゃんがインフルエンザに。 その時を振り返る。 もう、ぐったり。 娘が、じゃなくて、私が。 「自分の子供がインフルエンザ」とい…

極力喋らずに居たら、比較的平和だった

風邪なのか、エアコンに当たり過ぎなのか、声が出なくなりました(T_T) どうやら、一年弱前にも同じような現象があったらしい。 日常的に使う声が、使えなくなることで、の気づきがある。 去年の教訓は「口は災いの元」。 今年の教訓は「こだまでしょうか、い…

記憶が飛んだ時期

あまりにも大変で、一生懸命過ぎた時って、記憶が飛んでいることがありませんか? 私は 2 年前の、娘たちが 0 歳 2 歳だった時の、細かい記憶がない。 少し余裕が出てきた今、あの時を振り返る。あの時は見えなかった、長女れーちゃん(現 4 歳)の気持ちが…

家事に、終わりなんてないさ♪

お手伝いする。それは、子供にとって自分の役割を考える始まりかもしれない。 家事に終わりなんかない。 全自動かに見えていた家事が、自動ではないこと。それに終わりがないこと。 我が家の長女れーちゃんは、それを理解し始めたようです。 小さい子供は、…

イライラしちゃうのは、頑張ってるから。

子供ってのは、やるべきことはやらずに、して欲しくないことをやる(事が多い)生き物。そして、母親とは必要以上に怒ってることが多い生き物。 頭でいくらわかっていても、イライラして必要以上に怒ってしまうことが、私には多々ある。 振り返れば、「大し…

架空のお友達「くっちゃん」

子供って、なんで、ほんの些細な事に体を張って泣き叫ぶほどこだわれるのか? そんな疑問を抱き、子供たちのエネルギーの大きさに驚く毎日です。 親にとっては「そんな事」だったのが、なぜか長女れーちゃんには重大事だったらしい。そんなお話。 先月、主人…

2人育児の良い所

「子供が2人いるってどうなの」シリーズです。2 人目の妊娠前の心境・夫婦会議、2 人育児の大変な所に続き、今日は「2人育児の良い所 」です。 やっとポジティブな話。 良かった所はまとめるとこれ↓ 社会の厳しさを子供が勝手に学ぶ やっと、2人で遊んでくれ…

2人育児の大変な所

先日「2 人目のどうする問題(妊娠前)」編の続きです。 2 人目を作るにあたり話し合い、夫婦間で様々な約束した上での計画的妊娠でした。計画外だったのは、想像以上に妊娠が早かったことでした。 実際に 2 人いるとどうなのか?2 歳 3 ヶ月差の姉妹の住む…

2人目どうする問題(妊娠前)

「2人育てるってどんな感じ?」 最近こう聞かれることがしばしば。私の出産は、同世代に比べると比較的早かった。今から子供を欲しいなり、2 人目欲しいなり、という方々が聞いてくださいます。 私の娘たちは、れーちゃん(4歳)とワカメちゃん(もうすぐ 2 …

1歳と4歳を連れてUSJ に行ったよ

遡ること数週間。げっそりウィーク、もとい GW は結婚式参列のために大阪に行きました。ついでにUSJも。子連れ大阪旅行のレポート#1(USJ編)です。 私は子供たちを遊園地に連れていったことがなく、長女れーちゃん(4歳)も次女ワカメちゃん(1歳後半)も江…

2人乗りベビーカーの旅路

育児道具っていうのは、ほんのわずかな時間だけ必要でその間はとても役に立つものが多いです。抱っこ紐や哺乳瓶は長くても2年、ベビーカーも長くて3 年ほどでしょうか。 短期間のみの使用だから、新品を買うには勿体無い…とお下がりや中古品を買ったりいただ…

歩行器の新しい使い方

先日、娘たちを連れて私の先輩に会いに行きました。5年ぶりの再会でした。 その先輩は私のブログ「無痛分娩シリーズ」を読んで、無痛分娩で出産して本当に良かったとな。そんな感想をもらい、嬉しくなった私は、多少の遠さを忘れ、先輩のお家まで行っちゃい…

妊娠して「いない」喜び

私は 2 歳差姉妹の母です。つまり、長女れーちゃんが 1 歳半のときには、次女ワカメちゃんを妊娠してました。 外を歩き回れる1歳児(後半)を育てる中、自分が妊娠していない状態というのはほぼ初めて。 この身軽さ、気軽さたるや、凄く凄く感動的。その感動…

子供目線のキティちゃん

二人子供がいると、休日のおでかけで結構迷います。次女ワカメちゃんの昼寝を家でさせる(長く寝てくれる)か、気にせず出かける(昼寝短い)か、で。 とある週末、ダラダラダラダラと午前中から過ごしていたら、あっという間に次女ワカメちゃん(1歳)のお…

子供の看病の愚痴相手欲す。

先月、我が家は病魔に襲われました。胃腸炎の月は質の悪い風邪ウィルスに。 長女れーちゃんは、丸 3 日ほど熱が下がらず、その後ワカメちゃんも高熱 & 結構悪化しました。 誰かに愚痴を聞いてもらいたい。でも看病子守でそれどころではない。看病期間は唯一…

自分の楽しみ≠他人の我慢

子供の頃に、飛行機に乗ったことありますか?CAさんにおもちゃを渡された記憶はありますか? 先日家族でそんな話をしていたら、同じおもちゃを取っても、思い出や感じ方は人それぞれだなぁ…としみじみ感じたお話です。 この年末年始を使って、娘二人を連れて…

3 歳児のお気に入り

「これは子供の好物だから♪」って用意したものを、全く食べてくれない!ってことありませんか? 長女れーちゃん(3歳)には、これは頻繁にあって、もはや「今日は食べないかもしれない」前提で過ごしています。かといってそう何品も用意なんてしてられないの…

姉妹の要領格差

要領の良し悪しって、生まれつきな部分もあると思う。要領が良い次女ワカメちゃんと不器用な長女れーちゃん。 ワカメちゃん、貴女はその要領の良さはどこで学んだの。れーちゃん・・・まるでママ(私)みたいだよ。。。。 要領の悪さってのは、「善行をしよ…

ママチャリでの涙

先日ちょっと遠出して、不思議な体験をしました。そこで出会った方々からきっかけを貰いました。 「女性性ってなんだ?」 を考える。 というか、「考えちゃダメ、あなたは考えすぎ!!ただ感じるのが女性性だ。」と言われました。 リケジョな私はパズルが噛…

数時間での進歩

次女ワカメちゃん(1歳数カ月)の夜泣きが再燃しました。夜泣き…もあるけど、夜起き(真夜中にご機嫌♪に遊びたくなっちゃう)もある。 これはワカメちゃん自身が運動不足だからでは…?と考えました。 1歳過ぎてると歩いてる子もぼちぼち、ワカメちゃんはまだ…

「仕事の上手く行き過ぎ」にご用心

仕事が上手く行く 喜ばしいことです。が、とある真実を忘れると、この喜ばしい状態が凶と出てしまう。 主人の残業続きの1ヶ月が終わり、やっと平和が訪れる!と思いきや、この2週間ほど、我が家は殺伐としてました。 そう、主人の「仕事が上手く行く」が家庭…

自己判断で勝手に残業する夫

私の主人は、ここのところ残業が続きました。当然色んなしわ寄せが私に来ます。 「○日には終わるよ!」 という約束の日を過ぎても、娘から風邪が感染って私が具合が悪いのに、まだ残業しようとしているので流石にキレました。 今回は我が家での育児の取り決…

ママ友のおもちゃ交換(シェアリングエコノミー)

子供がおもちゃに飽きてしまった!新しいおもちゃがあれば良いけど、これ以上物を増やしたくない… そんな事、ありませんか? 私、解決法を見つけました! 物も増えない、子供は楽しい、お財布にも優しい方法です。 それは、近所のママ友とおもちゃ交換/レン…

脱☆良妻賢母のススメ:イヤイヤ期の真実

魔の2歳児が「イヤイヤ」が辛い!!怖い! 辛いですよね。怖いですよね。私は昨年、第二子妊娠中の悪阻x長女れーちゃんのイヤイヤ期というダブルパンチでした。「非良妻賢母」的な考えでやり過ごしました。 育児書には書いてない「非良妻賢母」的、イヤイヤ…

離れられない二人

この世でたった一人。 世界で一番大切な人。 近くにその人がいる。それだけで安心する。 その存在が消えるとしたら…? その人に捨てられたら…? この世の終わりの様に感じる。 後追い期の赤ちゃんは母親を、こんな様に見ているらしい。 50cm以上離れたらギャ…

ナンパの成功率(ママ友編)

勇気を出して声をかけてみた。 連絡先交換までできた。 でも一回デートしただけで終わってしまった。 そんなことがあります。ママ友の間でも。 ナンパの「成功」って、なんだと思いますか? 男女の中でも、ママ友でも、「親しくなりたい」と思って、声をかけ…

他の女の名前

他の女の名前 ふと、自分以外の名前で呼ばれてしまったこと。 多くの人が経験してるのではないでしょうか。 「花子!…じゃなくて、桜!」 三姉妹の末っ子である私は、姉の名前で呼ばれてしまったことが何度もあります。そう、別の女の名前です。親にね。 そ…