打たれ弱いママの徒然日記ー子育てや留学体験記など

打たれ弱いママの日々を綴ります。

子育て

ジャムおじさんの秘密

客観的な観察。バイアスが多ければ多いほど、それが難しくなる。 子供の観察力ってのは鋭い。 生きてる年数とバ偏見が少ないからだ。 長女れーちゃん(4歳)は、気づいてしまった。 ジャムおじさんの秘密に。 アンパンマンは不動の人気。私が子供時代にも見…

アナログな遊びこそ、頭の体操!

「子供の安全を考える」。とてもとても大事なこと。 でも、それが行き過ぎて過保護になることもある。 たとえば、木登りさせない、とか。 地元の公園にある、私が子供の頃に登っていた木は、多くの枝が落とされ、木登りできなくなっている。 木登りという冒…

2歳児の初めてナンパ

みなさま、ごきげんよう。 この度の連休はいかがお過ごしでしたか? 今年の秋は連休が多い。保育園児の親にとっては、連休こそ大変な時期。 しかも、今回は私が風邪っぴき&実家のお寺は行事で忙しいというオマケ付き。むしろ手伝いに行ったよ。 そんな連休…

透明人間、現る、そして消える

子供の「ハッとされられる」発言の話です。 透明人間っていると思いますか? 何歳まで、居ると思ってましたか? ちょっと前からか、我が家の長女れーちゃん(4歳)は透明人間の話をします。保育園のお友達の間での遊びなのか。 4歳女児にとって、透明人間は…

緊急事態でも、自己犠牲はやめよう

いつもは耐えれること、平気なことが、「今日はダメ」って日、ありませんか? たとえ子供がその時は嫌がったとしても、親としてした方が良いこと。 たとえば、毎日の歯磨き、風邪っぽいときの鼻水吸引。 いくら「必要なことだ」と信じてやっても、泣いて嫌が…

「間違えても良い」間違いを味方にしよう

時々、子供って、ハッとするような哲学的発言をする。 大人の何枚も上手を行く、この類の発言は、私は結構好き。世代も性別も何もかも超えた哲学がそこにあるから。 今回の哲学発言は「子供は間違えても良いんだよ」です。 そこから考えた。大人だって間違え…

枝豆ネックレス

人間は見たいと思うものしか、見ていない。 とある出来事から、人間の眼で見た情報が、いかに不確かで、想像力に富んだものなのか、を痛感した。 あまりにも特定の物が好きだと、何を見てもそれに見えてくる。そんなことありませんか? 我が家の次女、ワカメ…

マンション内「ご自由にお持ちください」袋

私の住むマンション内で、良い習慣が定着化してきたのでご紹介します。 例えば、子供が使わなくなったおもちゃ。 「ご自由にお持ちください」袋を用意し、マンションの共用スペース内に設置。 私がやり始めたら、他の人もやるようになった!!なんだか、嬉し…

「当たり前って何?」

答えるのが難しい、子供からの質問シリーズです。長女れーちゃん(4歳)だからこその感性なのか。子供ってみんな、こういう事を不思議に思うのか。 当たり前って何? 面倒くさいって何? グライダーって何? あなたなら、4歳の子相手に、なんて答える? 自分…

極力喋らずに居たら、比較的平和だった

風邪なのか、エアコンに当たり過ぎなのか、声が出なくなりました(T_T) どうやら、一年弱前にも同じような現象があったらしい。 日常的に使う声が、使えなくなることで、の気づきがある。 去年の教訓は「口は災いの元」。 今年の教訓は「こだまでしょうか、い…

笑いタケ現象

子供って、一日に 300 回笑うそうで。大人になると、平均一日 15 回に減るとか。 我が家の姫たちも、笑い上戸になることがある。 笑いの沸点が低いのか、ツボにハマったのか、永遠と笑い続けて話が全く通じなくなる(笑)。 この笑い上戸タイムになると、私…

子供の「なんで」への答え方

恥ずかしいって何? 平和祈念像って何? 色んなことを疑問に思うお年頃。最近れーちゃん(4歳)は、「どうやって答えよう」と考えさせる質問を沢山する。 私的に、比較的上手く答えられたものをいくつか紹介します。 あなただったら、なんて答える? 平和祈…

記憶が飛んだ時期

あまりにも大変で、一生懸命過ぎた時って、記憶が飛んでいることがありませんか? 私は 2 年前の、娘たちが 0 歳 2 歳だった時の、細かい記憶がない。 少し余裕が出てきた今、あの時を振り返る。あの時は見えなかった、長女れーちゃん(現 4 歳)の気持ちが…

「自分ってかわいい♥」教育の果て

子育ての方針ってありますか? そう聞かれた時、私の答えは 「『自分はかわいい♥』って思って育って欲しい」 です。他にも色々あるけど、とりあえずコレ。 その理由と、この刷り込み教育はどんな結果をもたらしているのか、をご紹介します。 嬉しいことに、…

「幸せ」「可哀そう」って誰が決めるのか

私、打たれ弱いママの徒然日記を書いています。かれこれ 2 年ほど。 見たくもないような、自分と向き合わないといけない。育児ではそんな場面が沢山ある。 イライラしたり、心の葛藤があったり、結構醜くなったり、次の瞬間には笑ってたりも。 色々考えて思…

家事に、終わりなんてないさ♪

お手伝いする。それは、子供にとって自分の役割を考える始まりかもしれない。 家事に終わりなんかない。 全自動かに見えていた家事が、自動ではないこと。それに終わりがないこと。 我が家の長女れーちゃんは、それを理解し始めたようです。 小さい子供は、…

リアルなきかんしゃトーマスの実態

先日のお盆休み、台風が来ているというのに、主人の家族と静岡県まで合同旅行しました。 台風の影響で雨が多い旅先のトーマスランドで、私が感じたのは、トーマス熱ではなく、リアルなイギリスの天気だった。 ちょっとだけ皮肉っぽいお話です。 旅行はグラン…

イライラしちゃうのは、頑張ってるから。

子供ってのは、やるべきことはやらずに、して欲しくないことをやる(事が多い)生き物。そして、母親とは必要以上に怒ってることが多い生き物。 頭でいくらわかっていても、イライラして必要以上に怒ってしまうことが、私には多々ある。 振り返れば、「大し…

親自身が楽しむことが、結局大事

どこかにお出かけしたい!子供を連れてどこに行こう??何しよう? コレ!と言ったものが見つからずに悩むこともある。 我が家の長女れーちゃん(4歳)とのデートを繰り返してみて気がついたことを語ります。 子供に趣味に無理に合わせることはない。自分が…

カフェインの効用

先日の長女れーちゃん(4歳)の初めてのミルクティーの続編です。 本格的な紅茶を楽しんだ日中はトイレ地獄が、そして夜はインソムニアが襲ってきました。家庭内時差が出現。 本当は結構恐ろしいカフェインの効用のお話です。 その日はどうも私も寝付きが悪…

初めてのミルクティー

初めて遭遇した物は、それが良いものであれば須らく良い印象に、悪いものであれば悪い印象になりやすい。 初めては何事も肝要。 たまたま、今日はこだわって紅茶を淹れた。ティーバッグではないちょっと高級な紅茶葉、温めたティーポット、温めた上品なティ…

架空のお友達「くっちゃん」

子供って、なんで、ほんの些細な事に体を張って泣き叫ぶほどこだわれるのか? そんな疑問を抱き、子供たちのエネルギーの大きさに驚く毎日です。 親にとっては「そんな事」だったのが、なぜか長女れーちゃんには重大事だったらしい。そんなお話。 先月、主人…

目薬スキル

子育ては、本当に様々な体験をさせてくれる。 何回おむつ替えをしたのか、何回ママチャリに子供を上げ下ろししたのか、何回飯を食べさせたのか、何回仕上げ磨きしたのか。もはや数える気にもならない。 何事も回数を重ねるほど、上達はするもの。最近の私は…

「やりたいこと」お化け

「やりたいことが見つからない」と、悩んだことはありませんか? 過去に「やりたい!」と言ったことを、すっかり忘れてどこかに置き去りにしたことはありませんか? 健康になろう!と、ヨガレッスンの回数券を買ったけど、足が遠のき有効期限が切れてしまっ…

2人育児の良い所

「子供が2人いるってどうなの」シリーズです。2 人目の妊娠前の心境・夫婦会議、2 人育児の大変な所に続き、今日は「2人育児の良い所 」です。 やっとポジティブな話。 良かった所はまとめるとこれ↓ 社会の厳しさを子供が勝手に学ぶ やっと、2人で遊んでくれ…

2人育児の大変な所

先日「2 人目のどうする問題(妊娠前)」編の続きです。 2 人目を作るにあたり話し合い、夫婦間で様々な約束した上での計画的妊娠でした。計画外だったのは、想像以上に妊娠が早かったことでした。 実際に 2 人いるとどうなのか?2 歳 3 ヶ月差の姉妹の住む…

2人目どうする問題(妊娠前)

「2人育てるってどんな感じ?」 最近こう聞かれることがしばしば。私の出産は、同世代に比べると比較的早かった。今から子供を欲しいなり、2 人目欲しいなり、という方々が聞いてくださいます。 私の娘たちは、れーちゃん(4歳)とワカメちゃん(もうすぐ 2 …

1歳と4歳を連れてUSJ に行ったよ

遡ること数週間。げっそりウィーク、もとい GW は結婚式参列のために大阪に行きました。ついでにUSJも。子連れ大阪旅行のレポート#1(USJ編)です。 私は子供たちを遊園地に連れていったことがなく、長女れーちゃん(4歳)も次女ワカメちゃん(1歳後半)も江…

「死の概念」は子供たちも学んで欲しい

先日ハムレット(狂気の末に死ぬ話)の舞台を見て、死とは、墓とは何かを考えた。 あなたは、自分の子供に「死とは何か」を伝えたいですか?それとも、近親者が死んでもそれを知らせずに、「死」に触れずにいてほしいと思いますか? 私は、「死の概念」は遠…

不純な理由での習い事

水泳、ダンス、そろばん、バレエ、英語、くもん、ピアノ等など。世の中にあふれる子供の習い事たち。 我が家の長女れーちゃんももう 4 歳。そろそろ習い事を考えるお年頃。 体力をつけてほしい お勉強できてほしい 英語できるようになって欲しい 楽しんで欲…